初回無利息サービス

消費者金融のサービスで画期的なのは、初回に限って、一定の期間、無利息で借り入れができること。このサービスは、銀行ローンでは行われていないため、消費者金融に軍配が上がるところでしょうか。初回無利息サービスは、どこの消費者金融でも提供されているわけではないものの、以前より増えているのは事実です。何社もの消費者金融会社の中から、初回無利息サービスを選べるのは、大きなメリット。このサービスを上手に利用して、低金利で消費者金融ローンを借りればお得です。

そのお得度は、銀行ローンの金利をしのぐほど。消費者金融ローンの金利より、はるかに低い金利で借り入れができる銀行ローンに比べても引けを取らないほどの低金利となる初回無利息サービス。上手に活用するためには、借り入れをしてから3~4ヶ月ほどで完済するのがポイント。一時的にまとまった金額のお金が必要、すぐに返済できる程度のお金だけれど今は手持ちがないというときに利用すると、便利です。

初回無利息サービスは、気を引き締めて始めの段階の返済を済ませないと、せっかくのサービスを有効活用できません。少しでも低い金利でお得に借り入れをするために、計画的に消費者金融のサービスを利用しましょう。

無利息キャッシングサービスについて
http://andrewblockmusic.com/shows/2014/5/28/eric-bloom-residency/

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

借入額で変わる金利

消費者金融の金利は、借入額によって変動するのが通常です。借入額が大きくなれば、金利は低下。借入額が少ない場合は金利が高くなるのが、一般的です。では、金利が低くなるからといって、上限いっぱいに借り入れをしたほうがよいのでしょうか。借り入れをする人の状況にもよりますが、返済が苦しくなるような金額まで借り入れをするのは無理があります。最初は張り切って返済できても、返済が長期間になればなるほど、負担になってくることがほとんどです。どのくらいの期間で返済するのか、月々の返済負担を滞りなく最後まで続けていけるのか、契約前に今一度、考え直してみることも大切です。

消費者金融の実質年率は、4%~18%などのように、幅広く範囲がとられています。初めての借り入れでは、ほとんどの人が10万円~30万円の借り入れ限度となり、実質年率はギリギリ上限に設定されるケースが多いもの。下限金利の低さで申し込みする消費者金融を選ぶより、上限金利の低さで選んだほうが、金利の低い借り方ができる可能性が高まります。最初から上限額いっぱいを借り入れせずに、少しずつ借りては全額返済するという利用法で上限額アップを目指すのも、試してみる価値があります。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

審査に通りやすいか

低金利の消費者金融商品は、大きな魅力を持っています。ただし、誰にでも利用できるかというと、そうでもありません。申し込みをして審査に通らなければ、低金利の消費者金融でお金を借りることはできないのです。その意味では、比較的審査に通りやすいといわれている消費者金融の中から低金利のところを選ぶのも一つの方法です。

金利が低い消費者金融をピックアップして、片っ端から申し込みをしてみたらどうなるでしょうか。最初の消費者金融で、運よく契約に漕ぎ着けることもあります。反対に、何社かの消費者金融にあたった末に、やっと契約できる場合もあります。申し込みをする人の状況に加えて、消費者金融ごとに審査の内容や貸し付け条件が異なりますから、契約できるか否かはケースバイケースです。

気を付けておきたいのは、何社にも融資の申し込みをしたことにより、審査で要注意されてしまうケースもあるということ。なるべくあたる件数を少なくしたほうが、スムーズに審査を経て、契約できる可能性が高くなります。つまり、最初の申し込みをする前の段階で、どこの消費者金融にあたるかを慎重に検討したほうがよいということ。金利が低く、なおかつ審査に通りやすいと評判の消費者金融会社を探すようにしましょう。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

消費者金融の低金利度

消費者金融の金利は、銀行ローンに比べると低金利とは言えません。ところが、かつての消費者金融の金利と比較すると、近年の消費者金融の金利は、はるかに低くなってきています。その理由は、利息制限法が制定されたため。以前のようにグレーゾーン金利で貸し付けても、過払い金請求をされてしまえば、消費者金融にとって意味がないからです

金利が低い消費者金融との契約を狙うと同時に、審査に通りやすいかを検討することも大切です。審査に通らなければお金を借りられませんが、審査に通るからといって金利が高くなってしまっては本末転倒。審査が不安という場合は、間をとった金利の消費者金融を狙ってみるのも一案です。あまり何社にも申し込みをすると印象が悪くなる可能性がありますから、ターゲットはしっかり絞って申し込みをするようにしましょう。

金利の設定は、借り入れをする金額によっても変動します。借入金額が少額だと金利が高くなり、借入金額が多額になると金利が低くなるのが一般的です。幅広く提案されている金利は、ほとんどの場合は上限での契約になることを考えると、最初は少額を借りて全額返済し、徐々に借り入れ上限額を増やして金利を低下させるのも一つの方法です。

初回無利息サービスを利用するのも、低金利で借り入れをする方法の一つ。借り入れをしてから数ヶ月で完済あるいは大きく返済しておけば、銀行ローンの金利をしのぐ低金利で消費者金融から借り入れできます。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加