消費者金融の低金利度

消費者金融の金利は、銀行ローンに比べると低金利とは言えません。ところが、かつての消費者金融の金利と比較すると、近年の消費者金融の金利は、はるかに低くなってきています。その理由は、利息制限法が制定されたため。以前のようにグレーゾーン金利で貸し付けても、過払い金請求をされてしまえば、消費者金融にとって意味がないからです

金利が低い消費者金融との契約を狙うと同時に、審査に通りやすいかを検討することも大切です。審査に通らなければお金を借りられませんが、審査に通るからといって金利が高くなってしまっては本末転倒。審査が不安という場合は、間をとった金利の消費者金融を狙ってみるのも一案です。あまり何社にも申し込みをすると印象が悪くなる可能性がありますから、ターゲットはしっかり絞って申し込みをするようにしましょう。

金利の設定は、借り入れをする金額によっても変動します。借入金額が少額だと金利が高くなり、借入金額が多額になると金利が低くなるのが一般的です。幅広く提案されている金利は、ほとんどの場合は上限での契約になることを考えると、最初は少額を借りて全額返済し、徐々に借り入れ上限額を増やして金利を低下させるのも一つの方法です。

初回無利息サービスを利用するのも、低金利で借り入れをする方法の一つ。借り入れをしてから数ヶ月で完済あるいは大きく返済しておけば、銀行ローンの金利をしのぐ低金利で消費者金融から借り入れできます。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加