借入額で変わる金利

消費者金融の金利は、借入額によって変動するのが通常です。借入額が大きくなれば、金利は低下。借入額が少ない場合は金利が高くなるのが、一般的です。では、金利が低くなるからといって、上限いっぱいに借り入れをしたほうがよいのでしょうか。借り入れをする人の状況にもよりますが、返済が苦しくなるような金額まで借り入れをするのは無理があります。最初は張り切って返済できても、返済が長期間になればなるほど、負担になってくることがほとんどです。どのくらいの期間で返済するのか、月々の返済負担を滞りなく最後まで続けていけるのか、契約前に今一度、考え直してみることも大切です。

消費者金融の実質年率は、4%~18%などのように、幅広く範囲がとられています。初めての借り入れでは、ほとんどの人が10万円~30万円の借り入れ限度となり、実質年率はギリギリ上限に設定されるケースが多いもの。下限金利の低さで申し込みする消費者金融を選ぶより、上限金利の低さで選んだほうが、金利の低い借り方ができる可能性が高まります。最初から上限額いっぱいを借り入れせずに、少しずつ借りては全額返済するという利用法で上限額アップを目指すのも、試してみる価値があります。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加